ホーム > 女性と痔疾患

女性と痔疾患

当院には女性医師はおりません。しかし古くから地元潮江で産婦人科有床診療所として診療させていただいた名残りで「病気の相談」というかたちで、肛門科としてリニューアル開院して以来、多くの女性の肛門科患者さんに受診いただいております。

痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔)、痔瘻を「痔の三大疾患」とよびます。女性と男性の間に痔の患者さんの数はそう変わりはなく、女性が特に痔になりやすいわけではありません。 
全体の患者数では差のない男と女の痔ですが、「女性に特有な痔の背景」があります。 
「痔の三大疾患」のうち、男女ともに最も多いのは痔核です。肛門鏡を挿入し診断した場合(無症状の方も含めて)痔核の有病率は30代以上では70%と言われております。性別に関係なく30代以上であれば「痔核でない方が珍しい」と言えるかもしれません。
その次が男女では入れ替わっていて、男性では痔瘻、裂肛と続くのに対し
女性の場合、次に多いのが裂肛で痔瘻になる方は少数です。裂肛は肛門上皮が裂け炎症がおき、ひどい痛みが出る病気です。

女性の痔に特徴的な背景

便秘しやすい、便秘に悩む女性が多い

女性は黄体ホルモンの影響で生理前など、体に水分を溜め込みやすく便が固くなり易い
時期があります。その上で現代社会においては生活習慣が不規則になりがちであったり、美容目的のダイエットなども影響し便秘になりやすいと考えられます。

妊娠、出産

妊娠して胎児が大きくなると、その重みで下半身の血管が圧迫されるうえに肛門にも強い圧力がかかるので、静脈の集まった肛門クッション部分がうっ血(心臓に血液が戻らず、静脈に血液が溜まってしまうこと)しやすく痔核になりやすくなります。もともと痔核のあった人では、その圧力で痔核が脱出したり脱肛したりすることもあります。
出産時には赤ちゃんを体外に押し出すわけですから、かかる圧力も排便時のいきみの比ではありません。すると肛門にも圧力がかかり痔核があれば脱出します。
大きくなった子宮の圧迫による便秘も影響を及ぼします。

治療法への配慮が必要

女性の場合。妊娠中や授乳中の周産期、内服薬や注射薬の制限から、標準的治療だけでは思うように診療ができない場合もあります。このような場合でも専門的知識をもった肛門科クリニックであれば、限られた条件のなかから最適な治療をさせていただくことが可能です。

藤家クリニック06-6499-0884
PCより初診予約


大きな地図で見る
〒661-0976
兵庫県尼崎市潮江3丁目18-20

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ