ホーム > イボ痔
 

痔核について

1.歯状線
肛門入り口から2cmのところに有る
”歯の様な形”の線。その内と外では大違い!


肛門の入り口(出口と言うべき?)から2cm程中に入ったところに歯の様にギザギザと内側を一回りする線があり、
これを歯状線といいます。
歯状線より奥が直腸、手前が肛門になります。
直腸は柔らかな粘膜に覆われていて、傷みを感じない自律神経支配領域です。
一方、肛門は表面を肛門上皮といって通常の皮膚によく似た丈夫で伸びにくい上皮に覆われ、傷みに敏感な脊椎神経支配領域です。

2.肛門クッション
肛門をピタリと締めてオナラも水様便も漏らさない。

丁度、水道蛇口などのゴムは製のパッキングの様に、括約筋で強く締められた肛門管の僅かなすき間を
ピタリと閉めるためにあります。
先述の歯状線の内側にも外側にもついています。
クッションの綿にあたる部分は血管です。
血管は中に血液が流れるために弾力性があるわけです。
このクッションを結合組織が直腸壁や肛門管壁に固定しており、
その上を粘膜や肛門上皮が覆っているのが肛門クッションの構造です。

こんな病気

歯状線より奥(内側)にできる内痔核と歯状線より手前(外側)にできる外痔核

1.クッションの綿(血管)の怒張
下痢や便秘などの排便ストレス、長時間同じ姿勢を取り続ける仕事、女性の場合では妊娠や出産などが原因で肛門クッションに過度な負担がかかると、肛門クッションを形づくる痔静脈叢が鬱血怒張しクッションが腫れてきます。

2.結合組織の断裂伸展
更にクッションにストレスがかかり続けると、クッションを固定している結合組織が伸展断裂し、腫れ上がったクッションは固定性を失います。それにより内痔核は本来あるべき、歯状線より内側から歯状線を越えて肛門管外へと出てくるわけです


軟らかく痛みを感じない場所にできる内痔核には以下の3症状があります。

症状1:出血

直腸粘膜はやわらかく破れやすく。ましてやその下にはうっ血した動、静脈があります。
出血すると便器の水が真っ赤に染まるほど多量に出る事もあります。多量の出血に比べて痛みが少ない事も多いです。

症状2:脱出

うっ血した動静脈も結合組織がしっかりと保たれていれば肛門管から出てくることはありません。しかし前述の様に結合組織が断裂し固定性を失うと肛門クッションは肛門管から外に飛び出してきます。
また脱出した内痔核が排便後にここに挟まってしまっている場合、痔核を便と錯覚し、残便感をうったえる場合もあります。

症状3:疼痛

内痔核が進行するとその外側の感覚のある部分の外痔核も腫れはじめます。炎症を繰り返し腫れた時に強い痛みを感じるようになります。
歯状線から外側には感覚がありますから内痔核が肛門管に挟まることで違和感を感じます。


丈夫な粘膜に覆われ痛みを感じる部分にできる外痔核の主な症状は腫れと痛みです。

症状:疼痛

なお、破れ難い部分であるため出血はまれです。
歯状線直下の肛門管内にできたものでは、普段はかくれていて、排便時に出血するものもあります。

何が怖い?

排便の度の脱出や出血はそれだけでもストレスになります。普段からそれらを抱え込むことはただでさえストレス多いこの社会を生き抜く上で大きなハンデとなるでしょう。
また、出血を繰り返すことで重度の貧血になることがあります。立ちくらみや、少しばかりの運動ですぐ息切れするなど日常の生活を著しく妨げられます。

 
藤家クリニック06-6499-0884
PCより初診予約


大きな地図で見る
〒661-0976
兵庫県尼崎市潮江3丁目18-20

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ