診療関係

2017年6月 7日 水曜日

糞便塞栓

日中は暑くなってきましたね。

「便が出そうなんだけど出ないのです」とか
「便秘で下剤をもらっています。便は出そうなんだけど
気持ちよく出ず、泥のような便がいつも漏れてます」
とクリニックを受診される患者さんが最近目立ちます。

症状の原因は「糞便塞栓」でした。

《どんな病気?》
便が塊になって直腸内にとどまり
ちょうどお尻の穴に内側から栓をした状態になってしまいます。
「嵌入便」ともいいます。
1)塊になった便がお尻のすぐ上まで来ているので強い便意がある。
2)ところが便そのものが栓になって出口をふさぐので便は出ない。
という大変苦しい状態になります。

さらにその状態で下剤をのむと、軟らかくなった便は出口をもとめて
栓になった便の脇をすり抜けて出ていきます。
自分では止められなくなり水のような便がダラダラと漏れるように
なることもあります。
上の図のように「溢流性便失禁」といいます。

《若い方も要注意》
寝たきりの老人だけではなく若い方にもおこります。
特に若い女性に多い、便意を我慢しつづけるあまり直腸に便がたまった
感覚が鈍くなっている直腸性便秘の方は注意が必要です。

《治療の方法は》
症状強ければ摘便(指で便を掘り出す)します。
裂肛などで肛門が狭くなっている方には特別に配慮も必要です。
そのうえで下剤の調整など排便のコントロールをさせていただきます。

「糞便塞栓」のお話でした。
お心当たりの方、是非御相談下さい。




投稿者 藤家クリニック

藤家クリニック06-6499-0884
PCより初診予約


大きな地図で見る
〒661-0976
兵庫県尼崎市潮江3丁目18-20

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ