診療関係

2012年12月12日 水曜日

こんな検査やってます。(その3 肛門内圧測定)

 直腸は筒状に筋肉(内、外肛門括約筋)で囲まれており
その内腔には常に圧力がかかっています。

 内肛門括約筋は自分の意のままに動かすことができない筋肉(不随意筋)で
外肛門括約筋は自分の意思で動かすことのできる筋肉(随意筋)で
 この組み合わせによって肛門内圧は生まれます。
 
 この検査は左側臥位にて測定します。
安静時の肛門内圧(静止圧)は内肛門括約筋の圧を反映し
肛門を締めた時の圧(随意圧)は内、外肛門括約筋を合わせた圧を反映します。

 便の漏れる患者さんの肛門の機能評価などに使用します。

 

投稿者 藤家クリニック

藤家クリニック06-6499-0884
PCより初診予約


大きな地図で見る
〒661-0976
兵庫県尼崎市潮江3丁目18-20

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ