診療関係

2012年12月12日 水曜日

こんな検査やってます。(その1 肛門鏡)

【肛門鏡】お尻の穴から差し込んで使います。色々な種類かありますが

 

使い方で分けると2つに分かれるでしょうか?
①肛門に差し込んで中の様子を観察する筒型(ヒルシュマン型)のもの。

②肛門に差し込んで二枚貝みたいに割れ、中の様子を観察したり、
 痔核などを引き出し観察するもの(ストランゲ型)。
 

image1 image2

【左側写真:ヒルシュマン型(筒型)肛門鏡】
【右側写真:ストランゲ型(二枚貝型)肛門鏡】

 両方とも太さはそれ程太くありませんし、肛門に挿入する時は
その前の段階の触診で肛門の筋肉はストレッチされているので
挿入の際は痛くない事が殆どです。
 シンプルな道具だけに、使い方にもチョットしたコツみたいなものもあります。

 

image1 image2
【左側写真:ヒルシュマン型肛門鏡の使い方】
【右側写真:ストランゲ型肛門鏡の使い方】 

 患者さんへの分かりやす説明を心がけている当クリニックでは
病気の部分の写真撮影は重要で、その際にも必須の道具です。
 写真を撮ったり、何か処置をする時、私は片手もしくは両手を
空けなくてはなりません。その時代わりに肛門鏡を持ってくれるのは
診療助手さんです。
 持ち方、押さえる力の入れ方など、これまた難しく一朝一夕で
できるものではありません。
 患者さんのお尻の方でしている事なので、助手さんの素晴らしい技を
お見せできないのはとても残念。

 

 

 



投稿者 藤家クリニック

藤家クリニック06-6499-0884
PCより初診予約


大きな地図で見る
〒661-0976
兵庫県尼崎市潮江3丁目18-20

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ